2017-05

映画「ハリーポッターと賢者の石」評価レビュー

こんばんは!

今日は映画『ハリー・ポッターと賢者の石』の感想です(*´-`*)ノ



原作J.K.ローリングさん。一作目にして一気に世界中で有名になりました。

ハリー・ポッターと賢者の石 (1)

新品価格
¥1,995から
(2013/3/16 00:23時点)


■あるすじ

10年前に両親が亡くなった後,ハリー・ポッターはダーズリー家に引き取られる。おじ・おばに半ば虐待,従兄ダドリーにもいじめられる孤独な毎日を送っていた。しかしハリーには,蛇と会話してダドリーにけしかけるなど,自分でも分からない不思議な力があった。
11歳目前,ハリー宛にホグワーツ魔法魔術学校から入学許可証が届く。しかしダーズリーは,魔法学校入学を阻止しようとする。だが,人里離れた海の上の小屋まで逃げ込んだダーズリー一家の前に,ハグリッドが現れる。

ハグリッドはハリーの本当の生い立ちを告げる。両親は実は魔法使いで,当時強大な勢力を誇った史上最凶とも言われる闇の魔法使い,ヴォルデモート卿に殺害されていた。ヴォルデモートは生後間もないハリーも殺そうとしたが,何故か魔法が自身にはね返り,ハリーは生き延び,ヴォルデモートは肉体を失って逃げ去った。ヴォルデモートから唯一逃げ延びたハリーは魔法界で「生き残った男の子」として有名だった。

ハグリットに連れられ,ホグワーツ魔法魔術学校へと入学したハリー。それまでの日常からは考えられない大冒険が待っていた。

ハリーとロン・ウィーズリーはすぐに親友になった。ロンは純血の魔法使いで、ハリーにいろいろな魔法界の習慣を教えてくれた。一方、両親ともマグル(非魔法使い)である優等生のハーマイオニーとは、彼女の規則に厳格でお節介ともいえる性格からそりがあわない。しかし2人はハロウィンの日にハーマイオニー・グレンジャーを助ける為にトロールを倒す。この日を境にハーマイオニーと和解し,後々まで三人は行動を共にするようになる。

あらすじが結構ながくなってしまったけれど,まだ導入です。トロールやクィディッチの試合,賢者の石をめぐって例のあの人との戦闘など,とても2時間半では少なすぎる内容です!

■感想
原作は結構長いのを,2時間半という時間に詰めこんでいるのが残念な感じです。そのため話がポンポン進み過ぎて切り替わりが早いし,1つ1つのシーンがあさっりと終わってしまっています。

映像とキャスティングが良かったです!ロンやハーマイオニーのキャラとあってました。特にハーマイオニーは喋り方が特徴的で,キャラが立ってました。ダンブルドア先生やハグリット,スネイプ先生などとても魅力的なキャラクターが多いのも特徴的です!

この映画の一番の見所は,何と言ってもクィディッチの試合の場面ですねー!!
映画は2001年とけっこう前に作られているにもかかわらず当時の最新のSFXを駆使して臨場感あふれる映像になっています(*´-`*)ノ
ハリーポッターと死の秘宝はSFX賞の最優秀賞を受賞したとか!
それはまだ見ていないけど・・・
クィディッチのルールで最後スニッチを取れば150点ってちょっと点数多すぎな気もします(・ ω ・`)


ハリー・ポッターと賢者の石 特別版 [DVD]



新品価格
¥1,381から
(2013/3/16 00:15時点)




最後のダンブルドア先生の百味ビーンズの変な味を当たり続けるのも面白いです。
そして,グリフィンドール最後の大逆転!でも大減点シーンがないので感動も少し軽減です。帽子を投げるシーンが印象的です!



それでは(*´-`*)ノ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ruitomo0083.blog.fc2.com/tb.php/40-556c7325
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

映画れびゅー「ハリーポッターと賢者の石」感想・評価!

こんばんは! 今日は映画『ハリー・ポッターと賢者の石』の感想です(*´-`*)ノ

«  | ホーム |  »

プロフィール

嶋津球太

Author:嶋津球太
日常系~嶋津球太の日記~へようこそ!
ゆるゆると更新していきます。
東京理科大学
よろしくです。

PR

お名前.com プレミアムドメイン

お名前.com

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

未分類 (0)
日記 (28)
レビュー (91)

Twitter嶋津球太

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR